離婚裁判は泥沼なのか?

愛し合って結婚したはずなのに、色々な理由からお互いの心が離れてしまったり、違う人に気持ちが動いてしまい、結果離婚という事になる夫婦も少なくありません。結婚した時はまさかそんな結果になるとは想像もしないものでしょうが、人生何が起こるかはわかりません。どんなに好きでも、その気持ちが状況によって変わってしまう事がないとは言えません。いざ離婚となった時、なんの問題もなく話し合いですんなりと別れる夫婦もいれば、裁判までもつれ込んでしまう夫婦もいます。争っている内容は親権であったり財産分与であったりと、夫婦によりけりでしょう。可愛さ余って憎さ百倍という言葉がありますが、裁判にまでもつれ込んでしまった夫婦はそんな感じの場合もあるのかもしれません。どちらかに完全な非がある場合もあるので何とも言えませんが、1度は愛し合った人との泥沼な離婚裁判劇はできれば避けたいものです。

離婚裁判は家裁から始まる

婚姻届を提出する時は、人生の中で幸せの絶頂の感覚になります。実際、愛する人と一緒になれるということは、人生の一つの到達点になります。一方で、別れるとなると、また離婚届を役所に提出しなければなりません。しかし、その届けを出すまでに、すんなりと全てが終わる家庭ばかりではありません。中には、別れるために裁判に発展することもあります。離婚裁判になるまでには、協議が決裂し、調停も決裂した後、最終的な解決地点として裁判所があります。家庭のことですから家裁と言われるところで審判が行われます。結果的に、夫婦生活が終了していると認められた場合は、離婚が認められ、終了していないとされれば、認められないことになります。もちろん控訴することもでき、地裁高裁と上がって行き、上告して最高裁で認められたものが最終判断となります。

離婚裁判は最終的なもの

今もまた、沢山のカップルが夫婦として誕生しています。結婚式場や披露宴から見える華やかさは憧れる人も多く、夢です。しかし、一方で別れを選ぶ夫婦もいます。婚姻届ではなく、離婚届を近場の役所に提出することにより、夫婦でなくなることができます。しかし、協議離婚ですんなり終了する夫婦ばかりではありません。中には裁判の判決によって別れる夫婦もあります。裁判離婚と言われるこの方法は、すぐにできるわけにはいきません。協議しても、調停をしても、調停に代わる審判をしても決裂、つまり不成立となってしまい、家庭裁判所に申し立てることにより、始めることができます。家庭についての問題があった場合、地裁ではなく、家裁から始まることになります。もちろん、敗訴しても控訴することができ、最終的には最高裁まで上告し、最高裁で決定されたことが最終判断となります。

東京、埼玉、中部、西日本に支店がございます。 金銭問題や浮気、離婚等の様々なトラブルに関するお悩みを一緒に解決しましょう。 Webから無料相談も承っております。 婚前調査・浮気・金銭トラブルなど、各分野のプロフェッショナルが担当します。 探偵の専門による無料相談ができます。 離婚の裁判に必要な資料を収集します。 離婚の慰謝料による裁判で必要な資料を作成いたします。 最先端の技術や機材を駆使して調査を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)